彫刻の森

計画の概要

敷地は都心部の公園内の一角。現在は木々が生い茂り小さな森となっている場所に、小規模な彫刻ギャラリーの要求でした。彫刻作品の常設展示は5点。年に数回の企画展示も行われます。

敷地内の木々は緑地の少ない都心では貴重な存在であるため機能を満たしつつもできる限り既存の樹木を残すことを主眼におきました。ギャラリーを建てることで、よりいっそう自然を身近に感じられる場所となるように、、、

 

5点の彫刻作品は屋外展示が可能な為、あえて展示空間の大部分に屋根をかけず、自然光による展示とします。木々の隙間から落ちる光が時間のうつろいとともに、展示空間に変化を与えます。彫刻とは光による陰影が生み出す立体芸術であり、光の多様さがその魅力を引き出すと考えました。

 高い壁にはさまれ、うす暗いスロープを巡り、そこに突然スポットライトを浴びたかのような彫刻作品と出会う。

屋外展示空間では企画展示がおこなわれ、鳥のさえずりを聞きながらたたずむことができる。そのような森の中のギャラリーを目指しました。

 

 

 

 

つばめ舎建築設計

 

〒162-0803

 

東京都新宿区赤城下町47-10

 

二川ビル1F

 

TEL  03-6280-8874

 

FAX  03-6674-2544

 

mail@tsubamesya.com

    • Facebook Basic Square