FROTH

01 (2)
02
03_edited
04_edited
06
07 _edited
05_edited
08

店舗リノベーション 光壁 能登和紙 

 

六本木ミッドタウン付近の夜のお店の改装計画です。

 

大通りからビルに入り、1階の廊下を奥へと進み2階に上がる。ちょっと入りづらい店構えの扉を開けると、まず目に入る突き当りの壁があたたかな光りを放ち、訪れた人をやさしく出迎えるように計画しました。

 

和紙を使いながらも和風に偏りすぎずにモダンさとあたたかさを感じさせる光壁をめざして、縁があった能登の和紙作家を訪ねました。知っている気になっていた和紙の製法を学びなおし、イメージする和紙となるように材料を吟味し、一から漉いていただきました。

 

光壁のある奥のソファスペースは床が掘り込まれていて、ソファに身を沈めると巣穴に帰ってきたかのような落ち着きを感じるように計画しています。

 

訪れた人がシャンパンの泡のような儚くも楽しいひとときを過ごしていただけることを願って。

 

 

 

 

□所在地 東京都港区 

□床面積 33.5㎡

 

 

 能登の和紙工房

noto1
noto1
press to zoom
noto9
noto9
press to zoom
noto7
noto7
press to zoom
noto8
noto8
press to zoom
noto6
noto6
press to zoom
noto5
noto5
press to zoom
noto4
noto4
press to zoom
noto3
noto3
press to zoom
noto10
noto10
press to zoom