東上野ホテル

AC9I6677.jpg
AC9I6697.jpg
AC9I6734.jpg
AC9I6464.jpg
AC9I7089.jpg
AC9I7048.jpg
AC9I7061.jpg
AC9I6896.jpg
AC9I7113.jpg
AC9I7280-Pano.jpg
all photos©中村晃

境界をずらし街と溶け合う

 

東京の上野に立つホテルの計画。

敷地は上野駅正面口前の大通りからひとつ入り、ビジネスホテルや昔からの旅館街が残る地域にある。周辺にはコリアンタウンなど地元の人で賑わう飲食店が多く立ち並び、ディープなローカリティーエリアでもある。

宿泊者は主に外国人を対象とし、小さいながらもシンプルで快適性を求められた。

敷地は間口が狭く細長いため、従来のホテル形式では暗く狭い廊下を通って暗い部屋に入るといった、周辺とも同様の暗がりや淀みを作ってしまうことになる。

そのため廊下は外廊下として開放的にした。と同時に周囲の暗がり、喧騒が入り込まないように、真っ白なエキスパンドメタルを表層に用い建物の境界を曖昧にさせた。

シンプルでミニマムな客室部分と都市との間にある独自の時間や空間を、メッシュが相互作用する界面として作り出している。屋外廊下はバルコニーとして、客室との間をグラデーションに繋ぎ、街の気配を感じながら内部空間としてリラックスできる場をして機能する。

東上野ホテル 

 

所在地:東京都台東区

主要用途:ホテル

設計:つばめ舎建築設計

構造設計:ロウファットストラクチュア

施工:株式会社関口工務店

構造:鉄骨造

基礎:杭基礎

規模:地上8階建

敷地面積:102.47㎡

建築面積:56.64㎡

延床面積:346.75㎡

最高高さ:24.20m

竣工年月日:2021年7月