Bottle Cloud / Crowd

TRANS ARTS TOKYO 2016 で開催されるアートイベントでのインスタレーションプロジェクト。
山車という日本で祭礼の際にもちいられる伝統的出し物を、お祭りを盛り上げる装置として現代的にとらえなおしてデザインすることとした。

誰にも馴染みがあり、誰もが参加できる軽い素材として、普段は建材として使われないペットボトルを、専門技術に頼らずに積み上げて製作することにしている。単体では潰れてしまうペットボトルを大量に使用し荷重を分散させること、内部に空気を閉じ込めてクッション性をもたせることで、上部に人が乗っても耐えうる構造としている。いわば、ペットボトルと空気による組積造である。
ペットボトルという単体では透明度の高い素材を、ムラを作りながら大量に積み重ねることで、不透明度合いに差異が生じ、ヴォリュームに独特の奥行が生まれる。刻一刻と変化していく雲の姿を眺めるように、製作段階から展示することで、目の前の通りを行き来する人々もその変化を楽しめるようにしている。

路上で流しそうめんを流す光景は異彩を放ちつつも、昔から行われてきたイベントのような懐かしさを併せ持つ不思議な場となったように思う。

若林拓哉 HA/Hyper Archipelago共同プロジェクト 

This is an installation project for the art event at TRANS ARTS TOKYO 2016.
We redesign Dashi the traditional festival float used in Japanese festivals to bring more excitement with contemporary context.
We use plastic bottle for the construction which is not building material but everyday object and easy to handle for anyone without technical skills. Although plastic bottle itself is fragile, it is capable of loading 3 or 4 persons on top if the cluster of bottles dispersed the weight and the inside air became cushioning. It can be said that is masonry construction with plastic bottles and the air.
The float of plastic bottles piled up irregularly has various intensity of transparency, consequently its volume comes
to have unique depth in it. Like it's watching cloud changing its figure as time goes by, people passing the work site can enjoy the process of making.

 

つばめ舎建築設計

 

〒162-0803

 

東京都新宿区赤城下町47-10

 

二川ビル1F

 

TEL  03-6280-8874

 

FAX  03-6674-2544

 

mail@tsubamesya.com

    • Facebook Basic Square